J第3節ダブルヘッダー

先週末のJリーグ第3節は、久しぶりに1日2ゲームの取材を敢行。レッズ対ヴァンフォーレ、そしてフロンターレ対横浜FCと、いわゆる「はしご」をしちゃいました。
職業柄、開幕直後は多くのチームの情報をより早く正確にキャッチしなければ、という意識が働くもので、周りの取材陣にも「はしご」組が結構多かったのでした。

で、まずは埼玉スタジアムのレッズ対ヴァンフォーレ戦から。
この試合の注目は、まだエンジンがかかっていないレッズの出来と、早くも不安視されるオジェックのサッカー、プラス、ヴァンフォーレの決定力チェックでした。
で、結果的にレッズは2-0と完勝したわけですが、やはりレッズはまだギアが入っているとは言えない状態だった、というのが実情でした。
はっきり言って、小野の左サイド起用は大いなる疑問。あれだったら、去年のギドの決断(=小野のベンチ温存)のほうが遥かにマシだと感じます。
ヴァンフォーレの決定力がなかったから救われたものの、両翼は去年以上に脆い印象を受けた次第です、はい。

そして、スーパーカップと同じく、新加入の阿部は能力の半分も発揮できていないという状況に変化はありませんでした。予想通り、ですが。
このチームの、このポジション(ボランチ)に入ると、どんな選手でも同じような境遇になってしまうのかもしれませんが、正直、もったいないというか、残念というか。
オシム代表監督も、ちょっと今後の阿部に不安なんじゃないでしょうか?

一方、敗れたヴァンフォーレは、このままだとかなり厳しいシーズンになりそうな気配。
やっているサッカーは去年同様アグレッシブなんですが、とにかく開幕戦と同じでシュートが決まらない。というか、中盤を支配してもシュートが打てない状態になってます。
両サイドに故障者を抱えている点を差し引いても、もっとシュートを打たないと厳しい。
シュートの本数が去年と比較して激減しているのが気になりますね。ちなみに、決定力はバレーの存在を考慮したとしても、それほど変わっていないと思います。
要するに、シュートの数を増やせば、勝機を見出せる、ということですね。そして、シュートを打つためには、去年みたいにサイドを使って、サイドチェンジの機会を増やす必要もありますね。
アライール退団は、その点でちょっとダメージになっている印象です(ロングフィード、サイドチェンジ)。

画像


続いて向かったのは、夜の等々力スタジアム。先週、三ツ沢で歓喜した横浜FCが、フロンターレに挑んだ試合でした。
すると、開始からフロンターレの一方的展開となって、まさに「フロンターレ・ショー」が繰り広げられたのでした。
横浜FCは、先制逃げ切り以外だと、かなり厳しいです。守備の意識は高いのですが、やっぱりサッカーは点を獲らないと勝てないですからね。
その点、フロンターレは去年以上に自信を持ってプレーしている印象で、とても昇格3年目のチームとは思えない雰囲気でした。(特に、中村の成長を実感)
この試合については、もう言うことなし!みたいな内容で、フランシスマールの名前など吹っ飛んでしまうほど。
スタジアムには、去年のベストサポーターソング(←オレだけ?)「オーナカムラー、ケンゴー、ナカムラーアー」の名曲が何度もコダマしたのでした。

サッカーネタになると長くなってしまう傾向があるので、ひとまず今回はここまで。
まだまだシーズンは始まったばかりなので、じっくりと行きましょう!
サポーターの皆さんも、期待と不安でいっぱいの開幕直後だと思いますが、ペース配分をしっかりして、長いシーズンを乗り切りましょう!

ちなみに、僕は某CSサッカー番組の優勝予想で「清水エスパルス」を挙げさせてもらってます。RとGが先に取られちゃったという事情もありますが、去年あれだけの成長を見せながら詳しく取り上げられる機会が少なかったという意味も込めて、挙げてみました。
さて、結果は如何に?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ACL サッカー

    Excerpt: ACL【AFC Champions League】は、アジアサッカー連盟(AFC)が主催する サッカー競技大会の名称。 Weblog: これいいよ racked: 2007-03-20 08:56